NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

営巣地の状況(5月3日)

5月3日(日)、公共交通機関を使わずに来られるスタッフ 7名で、営巣地の状況を調べました。
営巣地には最多で14羽のコアジサシが飛来し、そのうち2羽がほんの一瞬だけ着陸しました。
営巣・産卵はまだのようでした。
森ケ崎の鼻干潟には約30羽のコアジサシが休息や採餌をしていました。

f:id:littletern:20200503110502j:plain

小魚をくわえた♂︎が求愛飛翔していました。

f:id:littletern:20200503110546j:plain

営巣地上空を飛翔するペア、 ♀︎(右下)が着陸したがっているようでした。

f:id:littletern:20200503141953j:plain

ハシボソガラス4羽が営巣地に侵入し、コチドリの巣を探っていました。

f:id:littletern:20200503133014j:plain

営巣地にはこんなお客様が5羽来ていました。渡りの途中で休息しているメダイチドリです。

f:id:littletern:20200503112417j:plain

森ケ崎の鼻干潟に潮が満ちて来て、わずかに残された砂州コアジサシたちが休息していました。

[ こあじ写師 ]