NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

7/13(土)第11回営巣調査結果

みなさま

7/13の営巣調査結果です。参加者は16名でした。お疲れ様でした。

f:id:littletern:20190713143851j:plain

調査風景。

前回、前々回は雨で中途半端にしか調査できませんでしたが、今回は、きちんと調査できました。そのため、今回は6/23の調査結果を元に数値を出しています。

 

コアジサシ成鳥の数>
約100羽

コアジサシの巣>
既存:25巣/新規:55巣
合計:80巣
ヒナ:約24羽(全域で)
幼鳥:約8羽(全域で)
1/2区画調査で80巣なので、全体の見積もりでは160巣。
新規の巣には、既存の巣での再営巣も含めています。成鳥が増えたため、巣も増えています。チョウゲンボウが時々ヒナを襲いに来ますが、ヒナや幼鳥もなんとか減少せずに生存しているようです。

これからヒナが生まれ、幼鳥まで育つと、あと6週間くらいは必要です。8/10まで営巣調査を計画していますが、場合によっては、延長を検討します。

コチドリ成鳥の数
2羽

コチドリの巣>
既存:0巣/新規:1巣
合計:1巣
ヒナ:1羽

 

次回は7/21(日)です。

よろしくお願いいたします。

 

調査研究部会

7/7(日)第10回営巣調査結果

みなさま

7/7の営巣調査結果です。

18名の参加でした。参加者のみなさま、雨の中お集まりいただきありがとうございました&お疲れ様でした。

本日は、集合して、班分けをしたところで、雨、風共に強くなってしまったため、残念ながら、急きょ調査は中止にし、営巣地の外からヒナや幼鳥を観察しました。

f:id:littletern:20190707141341j:plain

雨の中ヒナを観察中

 

f:id:littletern:20190707105328j:plain

生後2~3日目のヒナ

雨に打たれながら親鳥を待つ可愛いヒナの姿などを見ることができました。


結果、

コアジサシ成鳥の数>
約150羽

コアジサシの巣>
既存:?巣/新規:?(20巣はありそう)巣
合計:?巣
ヒナ:約20羽(全域で)
幼鳥:6羽(全域で)

昨年と比べ、ヒナや幼鳥が結構います。

f:id:littletern:20190707180327j:plain

幼鳥。飛んでます!Photo by N. H.


また、成鳥が増えました。どこかの営巣地で繁殖失敗して移動して来たのでしょうか。

解散後、スタッフでざっと確認したところ、新規の巣も結構あるようです。

f:id:littletern:20190707152649j:plain

スタッフ有志で営巣調査中

今年の営巣調査はまだまだ続きそうな気配です。

次回は7/13(土)です。

よろしくお願いいたします。

 

調査研究部会

明日7/7の調査は実施します。

明日7日の調査は実施します。日本気象協会の天気予報では午後から曇。回復傾向のようです。

集合時間で雨の場合は、現地判断で営巣地の外からの観察等になるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

遅刻、欠席等なにかありましたら
tyousa@littletern.net
までお願いします。
 
調査研究部会

6/29(土)第9回営巣調査結果(仮)

みなさま

6/29の営巣調査結果(仮)です。まだ正式な数値が出ていなくてすいません。正式な数値が分かり次第、更新いたします。

参加者は18名でした。お疲れ様でした。

 

コアジサシ成鳥の数>
約80羽

コアジサシの巣>
既存:68巣/新規:0巣
合計:68巣
ヒナ:14羽
1/2区画調査で68巣、ヒナ14羽なので、全体の見積もりでは136巣、ヒナ28羽。
成鳥、巣ともにだいぶ減って来ましたが、ヒナは昨年よりも多い気がしています。

f:id:littletern:20190706105454j:plain

巣を出た少し大きなヒナ Photo by N.H

f:id:littletern:20190706105606j:plain

外周通路のレンガに隠れたほぼ幼鳥 Photo by N.H

写真は7月2日の撮影です。
次回は7/7(日)です。
幼鳥が飛んでいるかもしれません。

よろしくお願いいたします。

 

調査研究部会

 調査の時の プレゼント?

皆さま

 

森ヶ崎水再生センター屋上営巣地内で営巣調査をしているとコアジサシからプレゼントが届くことがあります。

f:id:littletern:20190608140559j:plain

プレゼント

参加者全員に届くわけではありませんが、帽子や背中などなど、色々なところに当たります。

営巣調査は卵やヒナを踏まないようにいつも下を見て歩くので気が付きませんが、見上げた空にはコアジサシが飛び、モビングでフンをかけてきたりしています。ヒナがいる子育て真っ最中の今頃が一番プレゼントが多いかもしれません。

ゆっくりとはいえ、歩いている移動目標に飛びながら投下して命中させる技には驚かされます。

コアジサシが何を見て識別しているのかは良く分かりませんが、かけられやすい人と全くかけられない人がいます。

運がついて、ある種の勲章だと思いますし、気を付けてもどうにもなりませんので着替えを持って森ヶ崎の調査に出かけています。

 

百貫鰺刺

近隣営巣地視察会に行って来ました。

梅雨の最中の6月最終日曜日

リトルターン・プロジェクト有志で、近隣営巣地視察会に出かけて来ました。

f:id:littletern:20190630134303j:plain

視察中

そこは東京湾ワンダーランド

都心からほど近いところに不思議な空間が広がっています。

f:id:littletern:20190630121954j:plain

パイプの上にコアジサシ

過去にはコアジサシが営巣をしていたこともありますが、200羽ほどが飛んだり羽を休めたりしていました。

f:id:littletern:20190630135626j:plain

ビル群を背景に飛ぶアジサシ

アジサシも10羽ほどいたでしょうか?クロハラアジサシも確認できました。

森ヶ崎屋上を離れてもやっぱりコアジサシやアジサシ類が気になってしまいます。(笑)

LTP(リトルターン・プロジェクト)スタッフは基本的にみな鳥好きですので、

営巣地視察会とは言うものの、普通の探鳥会となんら変りません。

何処に何が何羽いるのか?見て回りました。

 

f:id:littletern:20190630125007j:plain

みんなでお弁当

見晴らし広場でお弁当を広げている間も周囲の動きが気になります。(笑)

f:id:littletern:20190701210003j:plain

スマビノ by N.A

おかげさまで視察会中は雨に降られることもなく、思わぬ鳥との出会いもあり大変貴重な機会になりました。
近隣営巣地視察会は年2回開かれています。

ご興味がございましたらあなたもLTP会員になって参加してみませんか?

この日の視察会で確認された鳥は

カルガモ、スズガモ、カイツブリキジバト、カワウ、アオサギダイサギアマツバメ、ヒメアマツバメ、ムナグロ、コチドリ、シロチドリ、メダイチドリ、オオメダイチドリセイタカシギアオアシシギソリハシシギイソシギトウネンウミネコオオセグロカモメコアジサシ、アジサシ、クロハラアジサシ、トビ、オナガハシボソガラスハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、イワツバメオオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイカワラヒワ、37種、番外カワラバト1種でした。

NPO法人リトルターン・プロジェクト
調査研究部会