NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある都下水道局森ヶ崎水再生センター施設屋上に、東京都、大田区、NPO法人リトルターン・プロジェクトの3者協同で整備している人工営巣地でコアジサシ保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。記事上の画像、図式などの無断使用をお断りします。

森ヶ崎水再生センター屋上コアジサシ営巣地 春の整備作業ボランティアさん募集

冬の間、南半球で過ごしていたコアジサシたちがやがて子育てのために帰って来ます。

森ヶ崎水再生センター屋上営巣地は東京湾内に残された数少ないコアジサシたちの営巣場所です。

森ヶ崎屋上に帰って来るコアジサシたちが安心して子育てできる環境を一緒につくりませんか?

森ヶ崎水再生センター屋上営巣地春の整備作業ボランティアさんを募集いたします。

 

f:id:littletern:20220303141000j:plain

過去の屋上営巣地 子育てシーンから

 

コアジサシは人間活動により繁殖環境が減り、絶滅が心配されている渡り鳥です。

2001年に森ヶ崎水再生センター屋上でコアジサシの繁殖が確認されてから今年で23年目になります。子育てに失敗した年もありますが、毎年繁殖のために森ヶ崎屋上営巣地に帰って来ています。

コアジサシたちが帰ってくる前に、お掃除などの簡単な営巣地整備作業を行います。

鳥のために何かをしてあげたいと思ったことはありませんか?
コアジサシのためにあなたのお力をお貸しください!

今年も昨年同様に新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮しながら屋上営巣地整備作業を実施することにしました。

皆さまのご参加をお待ちしています。

 

◎作業にご参加いただく上での注意事項など

・マスクの着用をお願いいたします。

・新型コロナウィルス感染対策に配慮しながら受付及び作業を行います。

・受付時に手指の消毒と体温測定を行います。

・健康状態チェックリストに体調のご記入をお願いいたします。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

※当日の検温で体温が37.5度を超える場合には、作業には参加出来ません。

※ご自宅で体温測定を行い平熱であることをご確認いただけますと幸いです。

※体温が37.5度を超えたり、咳や味覚障害などの症状がある場合には、ご参加をお控えいただけますようお願いいたします。

 

ご参加の場合には、感染症に十分ご注意いただき、時間に余裕をもって公共交通機関をご利用の上、森ヶ崎水再生センター屋上営巣地までお出かけ下さい。

2022年3月27日 森ヶ崎屋上営巣地春の整備作業の様子

◎日程・時間
 ・2023年3月25日(土)
         26日(日) 
 ・9:30〜16:00
   ※午前または午後の半日のみの参加も可能です。
◎対象
  小学校5年生以上(中学生未満は親御さんの同伴が必要です。)

  ※保険手続きの関係上事前申込をお願いいたします。

  ※各日/申込順 60名まで

◎集合時間 

 ・1日又は午前のみ参加の方  AM9:30

 ・午後のみ参加の方 PM12:45

◎集合場所

  東京モノレール昭和島駅」東口 森ヶ崎水再生センター東施設職員通用門内 

       ※各駅停車のみ停車しますのでご注意ください。

  ※車でのお越しはご遠慮下さい。

  ※大森又は蒲田からバス終点の労災病院側の森ヶ崎水再生センター西施設

          ではありません。下記グーグルマップで場所をご確認ください。

◎作業場所

  東京都下水道局森ヶ崎水再生センター東施設屋上コアジサシ営巣地

  大田区昭和島2-5-1

  ※グーグルマップ参照www.google.co.jp

◎作業内容

 ・草むしり作業

 ・通路、排水口周りなどの清掃作業

 ・草むしり終了後、通路の貝殻戻し作業など

◎作業の流れ

  9:20頃 受付開始

  9:30~ 集合、受付、受付後に4名様を上限に班を作り、作業開始

  ※ソーシャルディスタンス確保のため

  ※4名以上のグループの場合でも4名様を上限に班に分かれて作業します。

  12:00 お昼休憩、昼食、午前のみ参加の方は退所

  12:45 午後の集合、受付(午後から参加の方)

  13:00 午後の作業開始

  15:45 作業終了、片付け、

  16:00    解散

◎持ち物/服装など

  お弁当(近くにコンビニ等ありません、1日参加の方は必ずお持ちください。)

  水筒、軍手、タオル、汚れてもよい服装(着替える場所はあります。)

  動きやすい靴、長靴など(足下が悪いです。)

  保険代50円

  その他、作業に必要と思われるもの

*作業方法などの詳細については後日改めてご案内いたします。

【注意事項】

 ・作業中のケガ等に備え、保険に加入していただきます(1人1日50円)

 ・体調不良などのために途中で帰る場合は、最寄りのスタッフにお声掛けください。
  出口まで同行しお送りいたします。

 ・途中退所すると再入所はできません

 ・構内及び周辺に売店などはありません。お弁当・飲み物等をご持参してください。

 ・お弁当ゴミなどは各自でお持ち帰りください。

◎立入禁止と入退場管理について

 森ヶ崎水再生センターは一般の立ち入りが制限された、立ち入り禁止の施設です。

 昭和島駅周辺と屋上営巣地以外への立ち入りは出来ません。

 必ずスタッフの指示に従って行動してください。

 また、センターへの入退場時には、必ず受付でチェックをお願いいたします。

 ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

悪天候中止連絡などは、前日20:00までに当ブログにて「中止/実施」の掲示をいたします。(携帯からも見られます。)

littletern.hatenablog.com


※作業当日の緊急連絡先は参加申込者に事前にお知らせいたします。

<申込み/問合せ>

 「氏名」「住所」「電話番号」「作業希望日・1日/午前のみ/午後のみ」 

 「リトルターン・プロジェクトのブログを見ることができるか、できないか」

  を明記の上、3月19日(土)までにお申し込みください。

 *グループでご参加の場合には、参加者全員の必要事項をご記入ください。

◎申込先(携帯メールもOK)

 メールの宛先:apply@littletern.net

※apply@littletern.netからのメールを受け取れるよう設定の変更をお願いいたします。

 

◎営巣地整備作業に関するお問い合わせは

 メールでの問合せ先:info@littletern.net

 LTPホームページ:http://www.littletern.net/の問い合わせからも可能です。

 よろしくお願いいたします。

 

主催:NPO法人 リトルターン・プロジェクト

共催:大田区

協力:東京都下水道局森ヶ崎水再生センター

   フィールド・アシスタント・ネットワーク

 

NPO法人リトルターン・プロジェクト

保護整備部会

NPO法人リトルターン・プロジェクトホームページに不具合が発生しています。

LTPホームページに不具合発生中です。

現在NPO法人リトルターン・プロジェクトホームページに不具合が発生していてご覧いただくことが出来なくなっています。
ご迷惑をおかけいたしますが、復旧までしばらくの間お待ちください。
現在原因究明中です。
よろしくお願いいたします。

NPO法人リトルターン・プロジェクト

1月22日(日)デコイ塗りイベントのお知らせ

1月22日(日)に、東京港野鳥公園でデコイ塗りイベントを開催します!

 

◇日時:2023年1月22日(日)
 午前の部10:00~12:00
 午後の部13:30~15:30

◇定員:各回15名(中学生以下は保護者同伴)
◇材料費:1,000円 ※別途入園料が必要です

デコイ2体に色を塗ります。1体はコアジサシ誘致に使用させていただきたいので、寄贈していただければと思います。

 

詳細、申し込みは、以下のリンクからお願いいたします。

 

「つくって守る!コアジサシのデコイに色を塗ろう!」

wbsj-wildbirdpark.blog.jp

 

ご参加お待ちしております。

明けましておめでとうございます

ある日の森ヶ崎水再生センター屋上営巣地 富士山とコアジサシ

明けましておめでとうございます

旧年中は大変お世話になりました

本年も変わらぬご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます

課題は山積ですが今年もコアジサシ保護のために精進してまいります

よろしくお願い申し上げます

NPO法人リトルターン・プロジェクト

NPO法人リトルターン・プロジェクト2022年コアジサシ講演会

NPO法人リトルターン・プロジェクト2022年コアジサシ講演会

 12月3日(土)14時から大田区池上会館本館2階集会室に於いて、NPO法人リトルターン・プロジェクト 2022年度コアジサシ講演会を行いました。

 

大田区池上会館

 例年コアジサシ講演会を行ってきた大田区民ホールアプリコが改修工事中のため、リトルターン・プロジェクト10周年記念報告会を行った池上会館にて、今年度コアジサシ講演会を行いました。

 

NPO法人リトルターン・プロジェクト代表挨拶

 14時からコアジサシ講演会は、リトルターン・プロジェクト代表挨拶から始まりました。

 東京都下水道局森ヶ崎水再生センター所長様と大田区環境清掃部環境対策課様からご挨拶を賜りました。

保護整備部会リーダーより今年度森ヶ崎屋上営巣地活動報告

 NPO法人リトルターン・プロジェクト保護整備部会リーダーより、森ヶ崎水再生センター屋上営巣地で行った今シーズンの屋上営巣地整備作業、デコイ設置作業、捕食者対策などについて報告を行いました。

 

調査研究部会リーダーより今年度営巣結果報告

 NPO法人リトルターン・プロジェクト調査研究部会リーダーより今年度森ヶ崎水再生センター屋上営巣地に於けるコアジサシの営巣状況結果などについて報告を行いました。

 

質疑応答

 各部会報告ののち熱心な質疑応答が行われ第1部が終了しました。

10分の休憩をはさんで

 

長谷川博先生による「オキノタユウ(アホウドリ)絶滅危機から再生へ」

 第2部の特別講演として、オキノタユウ先生こと東邦大学名誉教授の長谷川博先生に伊豆諸島鳥島で、長年にわたり取り組まれてきたオキノタユウ(アホウドリ、以下オキノタユウとします。)保護研究活動により、絶滅の危機にあったオキノタユウが大きく数を増やし、復活再生したというお話をご講演いただきました。

 海洋に浮かぶ無人島で特別天然記念物に指定されたオキノタユウの長年にわたる地道な保護活動が実を結ぶ素晴らしいお話しでした。

 

質疑応答

 熱心な質疑応答がありました。

 コアジサシのペリットからもマイクロプラスチックが見つかっていますが、オキノタユウのヒナの吐き戻しからも多くのプラスティックが確認されているとのことでした。

 広く綺麗に見える海が実は多くのプラスティックで汚染されています。餌と間違えて食べて死んでしまったり、ヒナにエサとして与え、ヒナが育たなかったりなど、海に生息する多くの海鳥たちに大きな影響を与えています。

 自分たちの身の回りのプラスティックを減らし、正しく分別処分することが、海洋プラスティック汚染を減らすことにつながること、コアジサシを含めた海鳥たちを守るために自分たちに出来ることがあると実感しました。

 

NPO法人リトルターン・プロジェクト副代表から閉会挨拶

NPO法人リトルターン・プロジェクト副代表から閉会挨拶をして、2022年度コアジサシ講演会を終了しました。

 

コアジサシ講演会参加者数

一般参加者39人、東京都下水道局森ヶ崎水再生センター1人、大田区2人、LTPスタッフ20人の計62人でした。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

ご挨拶を賜りました森ヶ崎水再生センター様、ありがとうございました。

ご共催、ご協力いただきました大田区様、ありがとうございました。

 

長谷川博先生を囲んでスタッフ関係者一同

ご協力いただきましたスタッフ、関係者の皆さま、お疲れさまでした。

 

NPO法人リトルターン・プロジェクトの今年度活動はコアジサシ講演会で全て終了しました。

お世話になりましたすべての皆さまに御礼申し上げます。

 

最後に来年度活動予告

2023年3月25日(土)、26日(日)の2日間で森ヶ崎水再生センター屋上営巣地春の整備作業を予定しています。

詳細はブログにてご案内いたします。

 

来年もよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。

NPO法人リトルターン・プロジェクト

 

 

我孫子で開かれたジャパンバードフェスティバルに出展しました。

ジャパンバードフェスティバル2022 in我孫子 手賀沼公園

11月5日(土)、6日(日)珍しく二日間ともお天気に恵まれ、我孫子駅前けやき広場と手賀沼公園、アビスタを会場にジャパンバードフェスティバル(以下JBF)が開かれました。

コロナの影響もあり3年ぶりの会場での対面開催になり、多くの方が日本最大の鳥のお祭りを楽しまれたようです。

NPO法人リトルターン・プロジェクト(以下LTP)では、コアジサシのデコイでいつも大変お世話になっている内山春雄先生とNPO法人かしわ環境ステーション(以下KKS)さまと協同で、アビスタ会場の2階、第2学習室と学習室前のギャラリーエトセトラに於いて、「バードカービングの技術を生かしての社会貢献」の中で、デコイを使ったコアジサシ保護活動ということで、LTPのことコアジサシのことをご紹介させていただきました。

LTP ブースの様子

手賀沼公園会場は大勢の人でにぎわいました。

ご来場のお客さま、JBF出展関係者、スタッフの皆さまも3年ぶりの対面での開催を楽しまれていました。

イベントには日本中から参加されていましたので、年に一度だけお会いできる大切な場でもありました。久しぶりの再会を果たされた方も多かったのではないかと想像しています。

おかげさまで、LTPブースにも多くの方がお見えになりました。

LTPのイベントや営巣調査に参加された方も来てくださり、うれしい再会になりました。皆さん今年の営巣結果や侵入する野生生物などの天敵を気にされていらっしゃいました。コアジサシを思う気持ちは一緒だなと再確認させていただきました。いただいたご意見などを今後の活動に生かせればと思っています。とてもありがたいことです。

LTPの活動に興味をお持ちで参加してみたいとのご相談もお受けしました。

LTPではいつでも会員を募集しています。

littletern.net

また、最新情報はLTPブログで発信中です。ブログをチェックしていただけると嬉しいです。

littletern.hatenablog.com

パネル展示コーナー

LTPについて、森ヶ崎水再生センター屋上営巣地について、コアジサシについて、屋上営巣地での研究から得られた結果についてなどのパネルを展示して、熱心にご覧いただきました。

コアジサシのデコイ

巣で抱卵中のコアジサシを再現

今年のシーズン中に森ヶ崎屋上営巣地で、コアジサシを呼ぶために実際に使っていたデコイも展示しました。

また、巣で抱卵中のコアジサシを再現展示していました。

コアジサシ剥製・骨格標本展示

コアジサシ剥製とヒナ骨格標本も展示しました。

今回イベントで初めてQRコードを利用してLTPホームページ、ブログや公式SNSサイトをご紹介させていただきました。

その場で読み込んでアクセスする方もいらっしゃって、スマートフォンの便利さを改めて実感しました。

無料配布コーナー

LTP会報誌のこあじ冊子の最新号からバックナンバーまで、ぱたぱたコアジサシ工作キットなどをプレゼントしていました。

販売コーナー

2日間を通して多くの方にコアジサシ募金とLTPグッズをお買い求めいただきました。集まりましたお金はコアジサシ保護活動に有効に使わせていただきます。

多くのご支援を賜り感謝申し上げます。ありがとうございました。

皆さま方のご支援とご協力でLTPの活動は成り立っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Strix販売コーナー

今回、初めて(公財)日本野鳥の会さまとのコラボレーション企画として、LTPブース内に野鳥の会研究誌の「Strix」販売コーナーを設けました。

お買い上げいただいた金額の一部をLTPにご寄付いただきました。ありがとうございました。

ヤイロチョウ 子育て中 バードカービング 内山春雄先生作

第2学習室内では内山春雄先生と生徒さんたちの素晴らしいバードカービングが展示されていました。内山春雄先生は現在、世界のヤイロチョウのバードカービングを作られています。四万十川でしょうか?子育てシーンが見事に再現された素晴らしいバードカービングも展示されていました。

KKSさま デコイ色塗り教室

すぐお隣では、KKSさまが森ヶ崎屋上営巣地で長年使って傷んだデコイ補修の最後の仕上げとして、デコイの色塗り作業を行ってくださいました。

傷んだデコイが綺麗に蘇りました。また来年、森ヶ崎屋上営巣地でコアジサシを呼んでくれると思います。

色塗り作業をお手伝いいただきましたご参加の皆さま、KKSスタッフの皆さまに御礼申し上げます。ありがとうございました。

とても楽しく充実したJBFの二日間が終わりました。

また、来年も我孫子JBF会場で皆さまとお会い出来ますことを願っています。

お世話になりましたJBF実行委員会の皆さま、我孫子市役所の皆さま、JBF出展者の皆さま、ありがとうございました。また来年も皆さまと会場でお会い出来ますことを楽しみにしています。

来年も会場で対面で開催されることを願っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

NPO法人リトルターン・プロジェクト