NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活躍を行っています。活動の様子などをご覧ください。

6/11近隣営巣地視察会(中防)

6/11、コアジサシ近隣営巣地視察会で中央防波堤外側埋立地へ行ってきました。
車4台で立ち入り許可をとり、合計16名の参加でした。


近隣営巣地視察会は、LTPスタッフのイベントで、近隣のコアジサシ営巣地の情報収集を目的としています。


視察の結果、コアジサシの営巣地は無く、
コアジサシ17羽ほどが休息していただけでした。
その他、アジサシ、コチドリセイタカシギなどが営巣していました。

工事が進み、一昨年に入った時とちょっと様子が変わっていましたが、
コアジサシが営巣可能な空き地はいくつかありました。

おそらく平日は工事が行われており、車両や人の通行が多かったり、
カラスの群れが居ついているようなので、良い空き地があっても、営巣地としてはイマイチなのかもしれません。


中防の視察終了後は、森ケ崎営巣地視察班とウミネコ観察班に別れ、それぞれ観察を行いました。


ウミネコ観察中の様子。


ちょっと抜けがあるかもしれませんが、確認した種はだいたい以下の通り。
カルガモホシハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ
カワウ、アオサギコサギコチドリ、シロチドリ、
メダイチドリセイタカシギアオアシシギソリハシシギウミネコ
オオセグロカモメコアジサシ、アジサシ、トビ、チョウゲンボウ
ハシボソガラスハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ
オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ
カワラヒワ、カワラバト(ドバト)
計32種


調査リーダー