NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

6月23日(火)の森ケ崎営巣地

6月23日(火)に少数のスタッフで森ケ崎営巣地を観察しました。
 
森ケ崎営巣地ではコアジサシ成鳥が100羽余りいて、数十巣ほどの抱卵が観察されました。
先々週〜先週に見られた巣の一部は、カラス類の被害にあったらしく消滅していました。
まだヒナは誕生していませんが、上手くすれば来週頃には見られるかも知れません。

f:id:littletern:20200623155837j:plain

抱卵中の親鳥です。貝殻を集め過ぎて、かえって巣が目立ってしまっています。

 

f:id:littletern:20200623151350j:plain

3卵が三蜜な巣。これらの卵は斑が茶色っぽくてやや珍しいタイプです。

f:id:littletern:20200623160202j:plain

コアジサシの雄(ペアの雌雄ともに標識リング付きです。)

f:id:littletern:20200623154723j:plain

コアジサシの雌(ペアの雌雄ともに標識リング付きです。)

f:id:littletern:20200623152645j:plain

ハジロクロハラアジサシの若鳥2羽がやって来て、営巣地上空をしばらく飛び回りました。

コアジサシ達は少し警戒し、モビングするものもいました。

 

[ こあじ写師 ]