NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

5月27日(土)森ヶ崎営巣調査速報

みなさま
よく晴れた森ヶ崎屋上営巣地でした。

最高気温は26℃ほど湿度もそれほど高くはなく調査日和でした。
午後2時からは21人参加で第4回営巣調査を実施しました。

11名、10名の2班に分かれて屋上営巣地を歩き1/2区画での調査を実施しました。
先週までに確認されていた営巣と先週確認できた既存の営巣の卵数の確認と、新規営巣を確認しました。
コアジサシは普通2〜3卵の卵産みますけど、

今年も少し頑張った4卵での営巣を確認しています。
あの小さな体で4個の卵を温めるのは至難の業だと思います。
過去に4卵での無事な孵化を確認していますのでご心配なく。
ほんとコアジサシは豪いと思います。
本日もハヤブサの侵入を確認しています。
同時に2羽侵入しましたので、近くで繁殖の可能性もあります。
ハヤブサの侵入で興奮して高く飛んでいる隙をついてカラスの侵入もありました。
本日の営巣調査速報値
コアジサシ成鳥
最大同時飛翔確認数 600羽
ヒナ 2羽(調査区画外)

既存 302巣
新規 103巣
計 405巣
1/2区画調査なので、全体での見積もりは810巣になります。
コアジサシの成鳥数が少ないように感じられますが、
干潟に休憩に出ていたり、抱卵中はどちらか片方しかいないのでこんなものだと思っています。
先週調査で確認されていた営巣数は341巣(1/2区画)なので、
カラスによる捕食被害は39巣とかなり低い数字になっていると思っています。
コアジサシ小さく固まって必死に頑張っています!
コチドリ
成鳥 6羽
ヒナ 2羽

草の中に隠れたつもりのコチドリヒナ
4羽孵化しているはずですが2羽しか確認できませんでした。
既存2巣
まもる君内で抱卵中
シロチドリ
成鳥4羽
ヒナは確認できず。
番外
ハクセキレイ
ヒナは巣立ちを迎えたようです。

先週確認していた大きな5羽のヒナはいませんでした。
スズメ
イワツバメの巣に間借りをしていたスズメ

巣立ちヒナを確認しました。
そして2回目の営巣を始めようとしていました。

せっせと巣材を運び込みイワツバメの巣を乗っ取るつもりです。
イワツバメ
ヒナが巣立ったペアは2回目の巣作りを始めています。
コアジサシの数が増えてきたのでアクシデントもおきます。

いったい何が起きたのか、コアジサシ成鳥メス落鳥しました。
来週調査でもコアジサシ成鳥数、新規営巣が増えることが予想されます。
来週調査へのご参加をお待ちしております。
今日はご参加ご協力いただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。
調査研究部会
リーダー代行