NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある都下水道局森ヶ崎水再生センター施設屋上に、東京都、大田区、NPO法人リトルターン・プロジェクトの3者協同で整備している人工営巣地でコアジサシ保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。記事上の画像、図式などの無断使用をお断りします。

2023年コアジサシ講演会のお知らせ

 2023年 リトルターン・プロジェクト コアジサシ講演会

2022年度LTPコアジサシ講演会 LTP代表挨拶

日時:12月2日(土)140016:0

開場・受付開始:13:30
参加無料、申し込み不要

 

■場所:大田区民ホール・アプリコ 地階展示ホール
・〒144-0052 大田区蒲田五丁目37番3号
・JR京浜東北線蒲田駅東口から徒歩約3分

www.google.co.jp

www.city.ota.tokyo.jp

*昨年度は大田区池上会館で実施されましたが、今年は例年通り大田区民ホールアプリコ地下展示室での開催です。くれぐれもお間違えのないようにおでかけください。

大田区民ホールアプリコまでの道のりは過去のブログ記事をご参照ください。

littletern.hatenablog.com

 

■式次第

14:00 開会挨拶 LTP代表・来賓挨拶

14:10 今年度の整備およびイベントについての報告 保護整備部会リーダー

昨年度LTP活動報告の様子 保護整備部会リーダー

14:25 今年度の営巣結果についての報告 調査研究部会リーダー

昨年度営巣成果報告の様子 調査研究部会リーダー

14:40 ~ 休 憩 ~

 

14:55 特別講演「中学校の授業から始まったコアジサシのデコイ作り」

      日本バードカービング協会 会長 内山春雄先生

■特別講演要旨:
2000 年、千葉県我孫子市立湖北中学校でコアジサシのデコイ作り教室を開始しました。

鳥を彫るだけではなく、環境保護の学習が出来るようにコアジサシのデコイ作りを指導しました。

千葉市の鳥でもあるコアジサシのデコイを作りながら、この鳥が年々数を減らし続けている原因や、保護の方法も生徒たちと考えてきました。
出来上がったデコイは、大田区での保護活動のためにNPO 法人リトルターン・プ
ロジェクトに貸し出されています。我孫子市我孫子中学校でも2003 年から2010
年まで毎年続け、8 年間で約4000 体のコアジサシのデコイが作られました。その中
の800 体は東京都大田区にある森ヶ崎水再生センターの屋上で保護活動に役立てています。
2013 年我孫子市立久寺家中学校でもデコイ作りが始まりました。コアジサシ
デコイは陶器で出来たものや樹脂製の物もありますが、時間をかけて木から削り出
し、彩色して作っています。

コアジサシのデコイ作りもコアジサシの保護活動もやさしさが必要だと思うからです。

 

日本バードカービング協会会長 内山春雄先生

■内山春雄先生略歴

1950 年、岐阜県生まれ
◇木象嵌師として(雅号・楽堂)
1978 年労働省認定「箱根細工木象嵌技能
士」資格取得。
2007 年【楽堂象嵌】が千葉県指定伝統的工
芸品に認定される。
◇野鳥彫刻家として
1980 年日本鳥類保護連盟とバードカービン
グを始める。
1995 年米国ウォード財団国際コンテスト、審
査員をつとめる。
2006 年厚生労働省より「卓越技能章」授与。「現代の名工」に認定される。
2007 年「我孫子市文化スポーツ栄誉章」受章。
2007 年野生生物保護功労者表彰「環境大臣賞」受賞。
2011 年米国内務省、ミッドウェー国立野生生物保護区管理官より感謝状授与。
2018 年日本鳥類保護連盟から「総裁賞」受賞

 

デコイを使った鳥類保護のデコイ原型作製第一人者

アホウドリのデコイは国内では鳥島や聟島、海外では米国ミッドウェー環礁などで使われ繁殖に成功しています。

バードカービング作品は日本国内はもとより海外の博物館などでも展示されています。

目の不自由な方のためにタッチカービングを考案され、触察によって鳥を理解し、ひいては進化論まで知る手がかりを創られていらっしゃいます。

東京都美術館「いのちをうつす」展ポスター

現在東京都美術館ギャラリーA・Cに於いて内山春雄先生がご出品されている「いのちをうつす」展開催中です。

下記リンク先をご参照ください。

https://www.tobikan.jp/exhibition/2023_uenoartistproject.html

 

主催:NPO法人リトルターン・プロジェクト 

共催:大田区 

協力:東京都下水道局 森ヶ崎水再生センター