NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

5/30の森ヶ崎営巣地

スタッフ少人数で、営巣地の外から調査を行いました。
座っているコアジサシの数を数えて、巣の数としました。

 

コアジサシ成鳥の数>
約40羽

コアジサシの巣>
合計:18巣
下の段の営巣地にも巣がありそうです。

f:id:littletern:20200530124813j:plainデコイの中でも営巣していました。

 

コチドリの巣>
既存:2巣/新規:0巣
まもるくんに守られています。来週くらいにはヒナが見られそう。

 

先週の状況とあまり変わっていません。コアジサシの求愛給餌が見られるので、まだ巣は増えそうですが、

f:id:littletern:20200530105625j:plainこちらも先週同様にカラスが時々侵入して卵を持ち去ります。。。

しかし、羽田空港内のコロニーは復活したようで、森ヶ崎よりも多い50羽ほどが地面に降りたりする様子が見られました。

 

地面に降りているコアジサシを観察していたら、急に身をかがめ、上空をチラ見し始めました。もしや、と思って上空を探すと、

f:id:littletern:20200530132332j:plain

やはり、ハヤブサ。同時に2羽が干潟の上空で旋回していました。
幸いハヤブサに襲われたコアジサシはいなかったようですが、ハヤブサが現れるとコアジサシたちは高く飛び上がって、なかなか巣に戻ってきてくれません。今日も1時間ほどは戻ってこなかったと思います。。。

 

調査研究部会リーダー