NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

5月26日の森ヶ崎営巣地など。

26日火曜日、営巣地を見てきました。
コアジサシが10羽前後、時々飛来し、降りるものもいましたが、求愛などのしぐさはみられませんでした。
森ヶ崎の鼻干潟は大潮で大きく干潟が干出していましたが、コアジサシは1羽も見られません。シギ、チドリも皆無。(写真①)
先週100羽近くのコアジサシが飛び、ときおり降りていた羽田空港内の盛り土台地は、重機が入り、鳥の姿はありませんでした。
京浜島つばさ公園からも間近に観察しましたが、空港内はフライトのないジェット機が、会社ごとに区分けされてとまっているのが印象的。(写真②)
城南大橋から東京港野鳥公園の砂礫地を観察しましたが、コアジサシの姿はなし。

(写真③)
コアジサシだけでなく、鳥全体の影が薄く、わずかにオオヨシキリの声に初夏を感じました。

コアジサシの夏が来ることを祈りましょう!!

写真①

f:id:littletern:20200527141828j:plain

写真②

f:id:littletern:20200528101256j:plain

写真③

f:id:littletern:20200528101313j:plain

M投稿