NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

LTPの活動について講演してきましたin豊橋

東三河野鳥同好会さんの講演会「コアジサシ保全に向けて」で講演してきました。

f:id:littletern:20200113233555j:plain

http://www.toyohaku.gr.jp/sizensi/03event/2019/talk/20200113yatyoudoukoukai.html

第一部は、西三河の重鎮、高橋伸夫さんから「愛知県におけるコアジサシの変遷」についての講演でした。愛知県では、40〜50年前はコアジサシがたくさん見られたが、やはり現在は激減していること、ケリが近くにいるとカラスなどの捕食者を追い払ってくれるのでコアジサシ的には助かるが、コアジサシのヒナを食べてしまうこともあるということ、森ヶ崎と同様にチョウゲンボウの被害がひどい、ということでした。

第二部では、LTPの奴賀が「コアジサシ人工営巣地での保全活動と自然営巣地からわかること」というタイトルで、前半は森ヶ崎でのLTPの活動のこと、後半は千葉県太平洋岸のコアジサシコロニーの変遷について、講演して来ました。

 

東三河野鳥同好会では、今後、小学校と協力して、デコイ作成をし、コアジサシが営巣したことがある海岸にデコイを設置して誘致するそうです。うまくいって欲しいですね。

 

調査研究部会