NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

6月12日(日)第5回営巣調査速報

皆さま
本日の森ヶ崎屋上営巣地、第5回営巣調査速報です。
2班体制で、1/2区画で調査を実施しました。

調査風景
ハヤブサの侵入は確認できませんでしたが、
ハシブトガラスが複数回侵入し大きなヒナを持ち去っていました。
チョウゲンボウも侵入しているようで、食痕が確認できました。


コアジサシ成鳥の数>
 約950羽
 前回調査時より微増していました。
 その分新規営巣数が増えました。


コアジサシの巣>
 既存:145巣/新規:66巣
 合計:211巣
 ヒナ:81羽
 幼鳥:10羽(飛翔個体、屋上全体で)

見にくいですけど、真ん中に幼鳥が飛んでいます。
1/2区画調査で211巣なので、全体の見積もりでは422巣。
ヒナも全体の見積もりでは162羽ですが、調査区外に走って行ってしまっているので、おそらく350羽程度いると思います。

コチドリ
 既存:1巣/新規:1巣
 合計:2巣
幼鳥1羽を確認しています。
コチドリの新規営巣は水場近くに昨年と同じように2回目の営巣です。
幼鳥1羽を育て上げ2回目の営巣を行っています。

コチドリ2巣ともにまもる君をかぶせて、中で抱卵中です。


その他
カルガモ> 
 既存:1巣

前回調査では6卵でしたが、お出かけの間に捕食されたようで、
2卵しかありませんでした。
来週あたりにヒナが出そうですが、
周りの草がカルガモに踏まれてさらに倒れて丸見えの状態です。
ヒナの誕生はかなり厳しそうです。
<ヒバリ>
 新規:1巣

1卵、ヒナ3羽で確認しました。
ハクセキレイ
 新規:1巣

ヒナ 3羽で確認しました。
建物脇で営巣中です。
調査研究部会リーダー代行