NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

7/25営巣調査結果

みなさま

調査開始前から、チョウゲンボウが!

f:id:littletern:20210725162949j:plain

チョウゲンボウが時々上空に現れます。

 

今回は1/2区画調査を上下段で行いました。

f:id:littletern:20210725222813j:plain

調査風景

 

コアジサシ成鳥の数>
30羽

コアジサシの巣>
新規:0巣
既存:12巣
合計:12巣
ヒナ:6羽(全体で)

1/2区画調査で12巣なので、全体の見積もりでは24巣です。成鳥の数は変わらずですが、調査区外に新規の巣が1つありましたが、巣の数は減少傾向になってきたと思います。
しかし、生まれたてのヒナや生まれて数日のヒナがいくつか確認できました。

f:id:littletern:20210725161133j:plain

巣にいるヒナ。(光学ズームのため画像が粗いです)

調査終了後もチョウゲンボウが何度も現れましたが、幸い、コアジサシの必死のモビングにより、チョウゲンボウは退散していきました。

f:id:littletern:20210725163326j:plain

チョウゲンボウへのモビング

 今日は、ヒナが捕食されることはありませんでしたが、大きく育っているはずのヒナが見当たらないため、やはり捕食されているのかもしれません。。。

 

コチドリ成鳥の数
3羽以上?

コチドリの巣>
新規:0巣
既存:0巣
幼鳥:1羽以上?

コチドリの繁殖もそろそろ終了です。ヒナがいくつか生まれていそうですが、相変わらず確認はできていません。

 

調査リーダー

7/17営巣調査結果

みなさま

すっかり梅雨も明けて、本日の調査も暑かったです。もちろん、コアジサシも暑いと感じてるはずです。例年、7月くらいになると、砂利が暑いのか、多くのコアジサシがレンガの上やシェルターの上、コンクリの上に乗っています。

f:id:littletern:20210717114258j:plain

暑いから?上に乗ってるコアジサシが多い。右奥の陽炎の中にいるのもコアジサシ

コアジサシ成鳥の数>
30羽

コアジサシの巣>
新規:8巣
既存:7巣
合計:15巣
ヒナ:2羽(全体で)

1/2区画調査で15巣なので、全体の見積もりでは30巣です。前回よりも成鳥、巣の数は減ったようですが、まだ新規の巣も出てきます。
ヒナは、1羽は最初に生まれたヒナだと思われます。大きくなって元気に走っている様子が観察されました。そろそろ飛べるようになると思います。もう1羽は生まれたてでした!ヒナの写真が無いのは、親鳥が巣に戻ってこれるように、すぐにヒナから離れたため、写真撮ったり、その場でじっと眺めたりはしないのです。

f:id:littletern:20210717124607j:plain

抱卵交代しそうなペア。

コチドリ成鳥の数
4羽以上?

コチドリの巣>
新規:0巣
既存:2巣
ヒナ:1羽以上?

コチドリも、今まさに卵から出ようとしているヒナがいました。その他、これまであった4卵の巣の卵が綺麗になくなっていたりするので、どこかにヒナがいそうですが、相変わらず見つかりません。

今日はカラスやチョウゲンボウは見かけませんでしたが、卵やヒナが増えないので、きっと多少は侵入して捕食しているのだと思います。。。

 

調査リーダー

オンライン観察会ご参加ありがとうございました。

突然のお知らせにもかかわらず、オンライン観察会にご参加ありがとうございました。

参加者はおそらく31名でした。15:30〜16:10頃まで行いました。

通常の観察会が2年続けて中止になった代わりに、とりあえず、コアジサシの様子、ヒナの様子を配信しようということで、行いました。

しかし、先週に比べてヒナが見つからず(減ったのかも)、親鳥の抱卵の様子などを中心に映像を配信しました。

また、途中、機材トラブル(モバイルwifiが熱でおかしくなった?)や不慣れなカメラワーク、雷雲接近により早めに終了など、いろいろありましたが、以下のような映像(実際に配信した映像とは異なります)が見れたかなと思います。

f:id:littletern:20210711103451j:plain

求愛給餌(このエサはハゼのなかま?)

f:id:littletern:20210711103705j:plain

普通に抱卵中。

そして、もしかしたら、卵が暑くならないように、以下のような行動もあったかも。

f:id:littletern:20210711125929j:plain

日陰を作って卵の温度調節中。足元に卵が見えます。

本当は、小さなヒナから大きなヒナまでいろいろ見れるかなと思いましたが、やはり自然相手は難しいということで、ご容赦ください。

スライドで表示した今年のこれまでの営巣状況の図表(7/11の結果を追加)も貼り付けておきます。

f:id:littletern:20210712001826p:plain

営巣状況

f:id:littletern:20210712001921p:plain

今年の営巣状況の図。

昨年同様、6月から増え始め、営巣が始まりました。おそらく他の場所で繁殖に失敗し、引っ越してきたと思われます。最初はカラスやハヤブサにも見つからず、このままひっそりとうまく行くかと思いきや、巣が増え、ヒナが孵化してくると、カラス、チョウゲンボウに見つかってしまったようです。早くも頭打ちのグラフとなったかもしれません。。。

 

そして、途中終了の原因の雷雲の写真です。色の濃い雲を背景に飛んでいる白い点々がコアジサシです。さらにその奥では、イナズマがほとばしっていました。。。

f:id:littletern:20210711161833j:plain

接近中の雷雲

 また機会があれば、オンライン観察会を実施するかもしれません。その時はまたよろしくお願いいたします。感想などありましたら、コメント欄やFacebookにいただければと思います。

よろしくお願いいたします。 

 

調査リーダー

7/11営巣調査結果

みなさま

本日の営巣調査結果です。暑かった。。。

f:id:littletern:20210711223212j:plain

調査風景

 

コアジサシ成鳥の数>
50羽

コアジサシの巣>
新規:34巣
既存:5巣
合計:39巣(全体で)
ヒナ:2羽(全体で)

ちょっと成鳥が減ったようです。そして、案の定、既存の巣の卵がなくなっていました。巣が増えてきたためか、おそらく、カラスに見つかってしまい、卵が捕食されているのだと思います。調査中にもカラスの侵入を目撃しました。。。

また、ヒナの数も増えていません。ヒナもカラスにやられたか、または、、、

f:id:littletern:20210711123345j:plain

チョウゲンボウを追い払うコアジサシ

チョウゲンボウにも見つかって、ヒナを捕食されたのかもしれません。。。

 

 コチドリ成鳥の数
6羽以上?

コチドリの巣>
新規:0巣
既存:3巣
幼鳥:2羽

コチドリは相変わらず多いです。見えないところにもう少しヒナがいそうです。

 

ついに捕食者たちに見つかってしまいました。今後が心配です。

 

f:id:littletern:20210711103710j:plain

スズメには無関心らしい。

 

調査リーダー

7/11、突然ですがオンライン配信してもいいですか?

みなさま

 

突然ですが、昨年、今年と観察会ができなかった代わりに、森ヶ崎屋上のコアジサシの様子をオンライン(zoom)で配信しようと思います。

ゆるく配信しようと思いますので、気軽にのぞいてみてください。

時間になりましたら以下のアドレスから入室してください。

無料のzoomを使用しますので、100人までの定員と40分の時間制限があります。

制限時間で終了した場合は、再度、同じアドレスから入室してください。

 

日時:7/11(日) 15:30~16:30(予定)

直前まで作業しているため、開始時間が多少遅れる場合がありますがご了承ください。
荒天等により中止の場合はこのLTPブログ(https://littletern.hatenablog.com/)でお知らせします。

 

Zoom入室アドレスはこちら↓

-------------------------------
トピック: LTP森ヶ崎コアジサシ観察会
時間: 2021年7月11日 03:30 PM 大阪、札幌、東京
Zoomミーティングに参加する
https://us05web.zoom.us/j/84199553951?pwd=MW9IUUZoMTJabXZ1d0ZrQXZJMVpXQT09
ミーティングID: 841 9955 3951
パスコード: E5afB4 
-------------------------------

 

よろしくお願いいたします。

7/3営巣調査結果

みなさま

雨天のため、営巣地の外からの観察としました。しかし、晴れ間が出て来たので、前回は調査していない下段の調査のみ行いました。

コアジサシ成鳥の数>
70羽

コアジサシの巣>
新規:5巣(下段のみ)
ヒナ:6羽(全体で)
飛翔可能幼鳥:3羽

前回の巣が全て残っていると仮定して、今回の合計の巣の数は、35巣(推定)としておこうと思います。
さらに成鳥の数が増えました。巣の数も増えていそうです。そして前回のヒナ5羽全ての生存を確認できました。下段でもヒナ1羽を確認しました。
そして驚きましたが、飛翔可能な幼鳥が突然3羽もいて、親鳥から餌をもらっていました!ひっそりと(おそらく下段で)子育てしていたのか。あまりにも我々が気づかなすぎだったので、もしかしたら他の営巣地から引っ越して来たのか。

f:id:littletern:20210703123611j:plain

コアジサシの幼鳥。飛べます。

 

コチドリ成鳥の数
4羽以上?

コチドリの巣>
新規:2巣(下段のみ)
幼鳥:1羽

コチドリの巣もさらに見つかりました。上段の巣の一つは卵が無くなっていたので、ヒナが出ていると思います。
また、だいぶ大きくなった幼鳥も確認できました。

f:id:littletern:20210703125617j:plain

コチドリ幼鳥

観察中、カラスや猛禽類の侵入はありませんでした。このまま何事もなければ、ここ数年で最も多く巣立つ幼鳥が出るかもしれません。

 

調査リーダー