NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

7/31営巣調査結果

みなさま

世間の野鳥はそろそろ繁殖も終わりだと思いますが、森ヶ崎では今がピークのようです。

f:id:littletern:20210731120039j:plain

抱卵交代の瞬間にヒナが見えました!

コアジサシ成鳥の数>
約30羽

コアジサシの巣>
新規:0巣
既存:14巣
合計:14巣(全体で)
ヒナ:7羽(全体で)

巣は減ってきていますが、代わりにヒナが生まれてきています。今回は生まれたてのヒナから、来週くらいには飛べそうな大きめのヒナまで確認できました。
前日に営巣地を見に言ったスタッフによると、10羽以上のヒナを確認しているのですが、きっとシェルターや草むらに隠れているのだと思います。

f:id:littletern:20210731150757j:plain

シェルター内のヒナ

シェルター内にヒナを見つけ、遠目から観察、撮影しました。しかし、角度を変えてみたら、

f:id:littletern:20210731150922j:plain

シェルターとコンクリの間にもヒナ!

もう1羽いました!
これは現地では気づきませんでした。帰って写真チェックしていたら気づいたのです。このように、ヒナは隠れてます。

 

コチドリはきっともう森ヶ崎から巣立って行ったものも多いと思います。今回は確認したのは1羽でした。

 

まだまだ 暑い日が続きますが、元気に成長し、巣立って行ってほしいものです。

youtu.be

 

調査リーダー