NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある都下水道局森ヶ崎水再生センター施設屋上に、東京都、大田区、NPO法人リトルターン・プロジェクトの3者協同で整備している人工営巣地でコアジサシ保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。記事上の画像、図式などの無断使用をお断りします。

6/27営巣調査結果

みなさま

本日は懸念されていた台風の影響もあまりなく、雨に降られずに調査できました。

コアジサシ成鳥の数>
50羽

コアジサシの巣>
既存:3巣(ヒナのいる巣を含む)
新規:27巣
合計:30巣
ヒナ:5羽

前回に比べ、成鳥の数がだいぶ増えました。おそらく、どこかの営巣地でカラスやノラネコなどにやられて子育てがうまくいかず、引越してきたのかなと思います。
そして、今期初のコアジサシのヒナを確認しました!

f:id:littletern:20210627104114j:plain

ヒナが2羽います。どこにいるでしょう?

f:id:littletern:20210627151535j:plain

親がいない時はレンガの下に隠れていたりします。

f:id:littletern:20210627113446j:plain

親の翼が変に下がっているように見える時は、ヒナが翼の下に隠れています。

 

コチドリ成鳥の数
4羽以上

コチドリの巣>
既存:1巣/新規:3巣
合計:4巣
ヒナ:1羽

コチドリの巣も増えました。あちこちで親鳥同士がケンカ?しているのは、縄張り争いでしょうか。
ヒナはとりあえず1羽は確認しましたが、きっと他にもいそうです。コチドリのヒナはよく歩くので、なかなか見つかりません。

 コアジサシコチドリも盛り上がってきましたが、先週あった卵がなくなっている巣もあるので、多少はカラスが侵入して食べてるのではないかと思います。カラスも子育てのピークを終えていると思うので、このままそれほど食べられずにいてほしいです。

 

調査リーダー

 

ヒナの居場所の答え。

f:id:littletern:20210627104115j:plain