NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

8/8営巣調査結果および8/4ヒナの様子

8/8(土)にスタッフ3名で実施した営巣調査の結果です。
8/4(火)に飛翔を確認していたヒナ1羽とその片親鳥(雄)1羽の姿は既にありませんでした。
まだ十分に飛べる状況ではないのでしょうが、8/5(水)から8/7(金)の間に、親鳥に付き添われて巣立って行ったと思われます。
今期を通してわずか1羽だけのヒナの巣立ち、まずはおめでとう!! これでコアジサシの夏は終わりました。
 

コアジサシ成鳥の数>:0羽
コアジサシヒナの数>:0羽
コアジサシの巣>:0巣

コチドリの巣>:0巣
コチドリ親鳥の様子からヒナがいた可能性がありますが、確認できていません。
 
その他に渡り途中と思われるシロチドリ4羽とムナグロ5羽がいました。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下は、ヒナの姿の最終確認となった8/4夕方の様子です。
 

f:id:littletern:20200804170012j:plain

孵化後わずか19日目で、楽々と20m越えの飛翔です。(2020.8.4)

 

f:id:littletern:20200804170013j:plain

飛べることが楽しくてたまらない様子です。(2020.8.4)

 

f:id:littletern:20200804180654j:plain

日暮れ直前にのんびりと休息していました。ヒナが生まれたのはこの10-24区画内にあった巣です。全くの偶然なのかも知れませんが、巣立つ前に生誕地に別れを告げていたように見えてしまいました。(2020.8.4)

 

リトルターン・プロジェクト

[ こあじ写師 ]