NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

7月24日(金)の森ケ崎営巣地

7/25営巣調査結果の報告がありましたが、その前日の7/24にもスタッフ4名で観察しましたので、状況をお知らせします。
 
森ケ崎営巣地の下段では成鳥2羽とヒナ2羽を確認することができました。ヒナは1週間前に孵化した2羽です。孤立状態の一家はとても用心深く行動しているようでした。
午前中にハヤブサ若鳥が出現し、営巣地にいたドバトを捕って行きましたが、幸いにもコアジサシ一家は無事でした。さらに、その直後にチョウゲンボウが出現し、見張っていたコアジサシ親鳥が1羽で果敢に追い払いました。
その他に放浪しているコアジサシ成鳥3羽が営巣地の上空に一度だけ現れました。なので確認した成鳥の数は5羽となります。

f:id:littletern:20200724121233j:plain

見守る雄親鳥とヒナ。もう1羽のヒナはとてもシャイで、画面右端の草むらに隠れています。

 

f:id:littletern:20200724134149j:plain

ヒナの体のわりに大きな魚(コノシロ?)をもらいました。

 

f:id:littletern:20200724112437j:plain

上空を飛び回るチョウゲンボウを親鳥1羽が追い払いました。

 

f:id:littletern:20200724180214j:plain

営巣地ではこんな可愛い子も巣立ちました。イソヒヨドリの幼鳥(雄)です。

 

[ こあじ写師 ]