NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

3月28日(土)、29日(日)に予定している森ヶ崎水再生センター屋上営巣地整備作業は中止になりました。

 新型コロナウイルスは世界中で感染拡大し非常に大きな影響を与えています。

日本国内においても感染が拡大し、非常に大きな影響が出ています。

 春の森ヶ崎屋上営巣地整備作業にお申込みいただき楽しみにされていらっしゃる皆さまには大変申し訳ないのですが、現在の状況下において整備作業中止の判断をせざるを得ませんでした。

 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 今年の整備作業は中止になりましたが、コアジサシの保護活動は変わらず継続していきます。コロナウイルスの影響がどこまで続くのか不透明ではありますが、来年以降の森ヶ崎屋上営巣地整備作業は実施予定で考えています。
 その時にはまた、皆さまの変わらぬご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

※新型コロナウィルスの影響はあっても、今年もコアジサシは変わらず飛来するものと思っています。そこで、必要最低限の整備作業をスタッフと関係者のみで行う予定で考えています。ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

NPO法人リトルターン・プロジェクト

保護整備部会