NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活躍を行っています。活動の様子などをご覧ください。

リトルターンアートプロジェクト作品展のお知らせ

6月に森ヶ崎水再生センター屋上営巣地で取材会を行った
「リトルターンアートプロジェクト」いよいよ作品展の開幕です。
東京湾最奥のラムサール条約登録湿地、それが谷津干潟です。
千葉県習志野市の住宅街の中にぽっかりと残されています。
旅鳥のシギチドリ類の重要な休息場所でもあります。
そこに作られている学習施設が谷津干潟自然観察センターです。

谷津干潟自然観察センター

館内の特別展示コーナーに於いて

昨年の作品と今年の作品を一堂に展示しています。
会期 9月2日(日)〜10月28日(日) 最終日は14時まで
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝休日の場合は次の平日)
ご覧いただくには入館料が必要です。
詳しくは谷津干潟自然観察センター施設のご案内をご覧ください。

コアジサシワンテーマでこれだけの数の作品が集まったのは初めてのことです。
アートの力を借りて、より多くの方にコアジサシを知ってもらいたいと思っています。
どうぞお出かけください。
皆さまのお越しをお待ちしております。
NPO法人リトルターン・プロジェクト
松村雅行