NPO法人リトルターン・プロジェクト

東京都大田区昭和島にある下水処理施設「東京都下水道局森ヶ崎水再生センター」東施設の建物屋上に、東京都下水道局と大田区とNPO法人リトルターン・プロジェクトの3者で協同で整備している人工の営巣地でコアジサシの保護活動を行っています。活動の様子などをご覧ください。

リトルターン・プロジェクト報告会2016


先週末の12月3日(土)大田区民ホール・アプリコに於いて、
2016年リトルターン・プロジェクト報告会が開かれました。

快晴の森ヶ崎水再生センター屋上営巣地
展示物の運び出しからその日は始まりました。


地下1階の展示室に運び込み展示物を並べてお客さまを迎える準備中

スタッフが出そろったところで打ち合わせ


ピンスポットを追加して、照明の当たり具合をチェックして準備完了

展示スペースはこんな感じになりました。

受付を始めいよいよ報告会のスタートです。


代表挨拶の後ご来賓からご挨拶を頂戴して
まずは保護整備部会から

森ヶ崎水再生センター屋上営巣地での活動及びイベント参加報告が行われました。
その後調査研究部会から

今年のコアジサシの繁殖成績などが報告されました。

質疑応答を受けて前半の終了

休憩時間の展示コーナー
そして第2部
今回報告会の目玉企画
パネルディスカッション「絶滅危惧種 コアジサシから見えてくるもの」が始まりました。

コーディネーター司会にアースデイ大学の生姜塚さんをお招きして、6人の侍がコアジサシの謎に迫りました。

質疑応答が熱心に行われ大好評のうちに幕はおりました。
その後の忘年会が盛り上がったのは言うまでもありません。
報告会参加者数
一般参加者 29名
大田区 3名
東京都下水道局森ヶ崎水再生センター 1名
LTPスタッフ 17名、合計 50名でした。
お出かけいただきました皆さま、ご共催いただきました大田区様、ご協力いただきました東京都下水道局様、
ありがとうございました。
今後も変わらないご支援とご協力のほどよろしくお願いいたします。
LTPスタッフの皆様、お疲れ様でした。
NPO法人リトルターン・プロジェクト
環境学習部会